<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Shadowbringersサントラ発売記念イベント

  祝!Shadowbringers サントラ発売!!

ということで、発売記念イベント@ヨドバシカメラ梅田に参加してまいりました!

オリコン1位おめでとうございます!

 

 

あ、演奏曲名書いちゃったんで知りたくないわーっ方はスルーしてください。

 

 

えー、仕事終わりに寄ったので割と荷物多いしクタクタだし、番号後ろの方だったんで待ち時間いっぱいあったんだけどやっぱりろくなこと喋れなかった私です。が、イベントはとても楽しかったでっす。周りがヒカセンばっかりだから4層がどうのこうの、次のパッチがどうのこうの、みたいな会話しか!聴こえてこないw 非常に楽しい空間でした♪

 

私としてはアーモロートのピアノ弾いてるのがソケンさんだとわかっただけでもう心が溢れそうになっております。エメトセルク沼に見事に沈んでおりますので、あそこで時計の音入れるとかダメですよもうあの街の時間は止まってるのに永遠に動くことはないのに一万二千年ああ“あ”あああああ(壊れた

 

そしてkeikoさんのピアノ演奏!ラケティカ大森林!ラヒッ!の印象が強いですがあの曲がカッコいいっていうのめっちゃわかります。あれヴィエラの凛々しい狩人が歌ってるイメージですし、あの曲のタンタンタンタターンってメロディと一緒に叩いてる打楽器の音がすごい気持ちよくて好きなんですよ。野生の逞しさと美しさが同居するっていう、なにそれかっこいい!ってやつですよ。しかも駆け抜けていく感があるんですよ、ヒュー、かっこいい!夜になるとこれがしんと静まりかえってね、夜空にすごい綺麗な星達が瞬いてるわけですよ。今回のフィールドの夜って、なんかすごい音が、豪華な宝石箱みたいにキラキラしてるなって思ってて、keiko さんの演奏って聞いてすごく納得したというかそうだよね夜空は宝石箱だよねってウリエンジェとヤ・シュトラのやりとり思い出してうるっとしちゃったとか色々思い出してうわぁってなりました。

もう一曲は連弾でグブラ。ピアノ曲としてすごい名曲だと思ってますが、今回は客席からの参加もあって面白かったですね。

 

質問コーナーではやはりというかプライマルズライブとオーケストラコンサートの大阪公演を望む声が大きかったです。ていうかやっぱそれですよね。

 

journeysがめっちゃめっちゃ良かったんで、あれはもうライブやるしかないです。エスケープがカッコよすぎます!もうね、あんなスゴい円盤出しちゃったらね、ライブをやるのは義務だと思う。やらなきゃダメ。やってくださいお願いします!おじさんたち本当にかっこいいからね、このかっこよさがもっともっと知られて欲しい。

オケコンも絶対今回の公演じゃ足りない!って声が上がってると思うので、本当にやってほしい。やるの大変だとは思うんですけど、ゲーム本編も大事にして欲しいしスタッフさんのスケジュールとか考えたら難しいことを要求してるのはわかってるんですが、やっぱりやって欲しい。お願いしないことには伝わらないと思うので、全力でお願いします。

プライマルズライブとオーケストラコンサート、是非とも大阪でお願いします!

 

そんなこんなでテンションが上がりまくったインストアイベントでした。サントラ聴きまくるじぇー!  

| FF14 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
エメトセルクに関する考察

色々と気になって仕方がないので、気持ちの整理がてら書いていきたいと思います。

 

ネタバレなので以下続きで。


 

完全ネタバレなので未クリアの人は見ちゃだめ
 

続きを読む >>
| FF14 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
漆黒のヴィランズメインクエストクリアしました!
素晴らしかった!各キャラクターがしっかり描かれてて、今までの積み上げの中で世界の真相の核心に迫る内容をこれでもかってくらいに熱く見せてくれました。

 

大したこと書いてないけど一応ネタバレなので続きで

続きを読む >>
| FF14 | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
漆黒のヴィランズ発売
さていよいよ、新生FFXIVの拡張パッケージ第三弾、漆黒のヴィランズが発売されました。早速アーリーアクセスから遊んでいますがめっちゃ面白い、控えめに言ってめっちゃ面白いです。まだレベル73でイル・メグのストーリーを進めている最中ですが、割と序盤から見どころ沢山でウェッとなったりフフッとなったり暁のキャラの成長ぶりに感心したりでグイグイ引き込まれていきます。

今回キャラが本当によく描かれていて、セリフだけじゃなく表情や仕草や間の取り方やカメラワークも一段レベルアップしてしっかりと作りこまれていて、シナリオ中の選択肢も多いし、イベント進行の順序で変わるセリフもたくさん用意されていて、本当にやることも多いんだけど見るところも多すぎて進みたいけどなかなか進められない時間が足りないとにかくもっと遊んでいたい!という気持ちになります。

まだID二つをクリアしただけですが、フェイスシステムがとても良くできていて楽しいです。何よりも嬉しかったのは全くの初見未予習でダンジョンに突入できることですね。今までは迷惑かけちゃいけないと思って必ず予習していたので、その間にネタバレを踏むこともありましたし、ネタバレを抜きにしてもストーリ展開で盛り上がった気持ちのまま、即突入できることが本当にありがたかったです。おかげでその場の勢いがそがれることがなく、没入感が半端ないです。このあたり遊んでいる時の感覚は普通にスタンドアローンのRPGをプレイしているのと変わらないなという印象でした。

そしてフェイスの動きがとても良くできていて、ちょこちょことセリフも入るし、頑張って動いてくれるので自分も頑張らなきゃ!という気持ちになります。まだID二つしかクリアできていませんが、途中で一回アルフィノが範囲を避けられず死んでましたけどアリゼーが即蘇生してました。すごい、優秀!一応範囲を避けようとしていたけど、マップの端に当たってしまって逃げられなかったようでした。私も割とよくやる失敗なのでアルフィノを責める気にはなれません。自分のペースでマップを見て回れますし、ダンジョンに行く楽しみが増えたという感じでとても嬉しいシステムです。

バトルの方はスキルがかなり変わってしまっているので、詩人メインなのですがまだまだ手探りで練習中です。ストレートショットが全く違う効果になっていて、いつの間にかリフルジェントアローと置き換わっていて、レクイエムもミザリーエンドもなくなって…と戸惑うことがまだまだ多いです。そしてジョブアクション動画を見てやりたくなって始めた暗黒の方は、ダークアーツがなくなったおかげで覚えかけだったスキル回しがまた全く分からなくなりました。こちらはまだレベル67なので第一世界に行けてもいませんが、頑張ってフェイスと一緒に戦えるくらいにはなりたいと思います。

一方ギャザクラの方はまだ全くできておりません。やることが多すぎて追いつかない状況です。とにかく楽しいのでずっと遊んでいたい、そう思うゲームです。なんだかオフラインのゲームみたいだなって思ってしまう部分もありますが、プレイヤーはすごく沢山いて盛り上がってますし、バトルに関しては私は今回の5.0が始まってから一度も他の人とPT組んでいないのですが、毎日LSでチャットはしていますし、雑談しながら遊べるって楽しいよね、と思いながらプレイしています。(最近オフラインのゲームだと挨拶する相手もいなくて寂しいな…と感じるようになりましたw)

さてそんなわけで、時間が惜しいので今回はこの辺で。漆黒のヴィランズめっちゃ楽しいです!
| FF14 | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
劇場版ーファイナルファンタジーー光のお父さんーを観てきました
 公開初日の21日に観てきました。…見事にガッラガラでしたけど…まぁ平日の11時スタートの回なので人少ないのは仕方がないのかなー。

あっ、大したことは書いていませんが、ネタバレとかダメな人は読まないでくださいね。
 

 テレビドラマ版とはキャストが一新されていて、細かいところの設定も少し変わっているので、やはりというか少し印象が違いますね。でも基本的な流れは同じで、ハートフルコメディと言えばいいのかな?笑いあり涙ありで、ちょっと優しい気持ちになれる。
 
 私個人的に一番大きく変わったなと思ったのはエオルゼアパートでした。画面が綺麗!カメラの動き方とか、大画面を意識した構成になっていて迫力があって見やすい!
 

 あと楽しそうにゲームをしている姿の映像がテレビ版よりも沢山印象に残っていますね。妹が一緒にゲームをしているアキオと父親の姿を写真にとる場面はとても良かったなと思います。知らない人が見たときに、オンラインゲームって面白そう、と思ってもらえる作りになっているのではないかなと思います。
 

 妹の彼氏のエピソードと、父親のお茶漬けのエピソードは劇場版で追加された要素ですね。お父さんのキャラクターをより深く感じさせる要素としてよかったと思います。欲を言えば、お茶漬けにももうちょっとゲームとの絡みが欲しかったかなと思ったりします(…いつものじょびの部屋で、「疲れた時には美味しいものを食べるのが一番ですよ〜」「そうそう、おいしいプリンが一番〜」「最近インディさんも調理師を始めたらしいですよ」とか会話してる中で思い出すとか…あっ、でも食事シーンを出そうとすると立食になってしまうものなぁあのゲーム…)
 

 終盤の持っていき方はちょっと強引かも…と思いましたが…私ならあの状況でツインタニア倒すのは無理ですね。自分が子供の立場だったら、「いいから早く病院に戻りなさい!」って前後関係なく叫んでしまう気がします。
 

 最後の場面で、アキオが離れた場所にいるというのはすごく良かったなと思います。物理的な距離があっても会える場所があるというのはオンラインゲームの大きな魅力なので、それが分かりやすく表れていたのではないかなと思います。欲を言うなら、もう一歩、アキオと父親の関係が近くなったことを示す一言が欲しかったなぁと思うのですが…「お兄ちゃんどうしてるのかなぁ・・・?」「ちゃんと食べてるのかしら?」「向こうの○○が美味いって言ってたぞ」「え?お父さんなんでそんなこと知ってんの!?」的な会話があったらよかったかなぁと思ったり。
 

 ツインタニアを倒して、「今度はちゃんと一緒に倒せたな」というセリフがあるのですけれど、それだと単に一緒にゲームをしていた子供の頃の関係に戻ってしまうようでちょっと寂しい気がしていて、そうではなくて、オンラインゲームのを通して新しい繋がりができたおかげで、親子の関係にももう一本深いつながりができましたよという変化が見える落ちにして欲しかった。そこだけはちょっと惜しいかなという気がしています。
 

 父と子の関係がうまくいかなくなったのは、ラスボスを一緒に倒せなかったからではないと思うのですよ。いろんな理由があってすれ違いが多くなり、溝ができていく。子供は大人になって社会を生き抜くための色んな術を身につけていくけれど、それは自分を覆い隠すための仮面を身に着けることでもあって、自分の思いを素直に伝えることが難しくなってしまう。
 

 そういう難しさを、お互いの関係を見せずにコミュニケーションをとることができるオンラインゲームという場があることで解きほぐすことができた、それまでとは違った新しい繋がりを得ることができた、そういうことだと思うのです。
 

現実にはそんなにいいことばかりではないし、オンラインでこじれる関係も多いので、だからこそこの物語は素晴らしい、奇跡のような物語だと思うのですけれど。そういうところで今一歩踏み込みが足りないように感じつつも、そういう関係の微妙なところまで表現しようとするととても2時間では収まらないし、説明しつくせるものではないような気がするので、これはこれで良いのかなと思ったり。
 

 観終わったときに暖かい気持ちになれるのは、この物語の根本にあるのが、ゲームだからどうこうというのではなく、大切な人と、もっと話したかった、もっと解りあいたかった、その気持ちをどうやったらうまく伝えられるのかな?という、多分ほとんどの人が身近な人に対して抱いたことがあるであろうちょっと寂しくてもどかしいような気持ちだからだと思います。そこを共感できると、すごくいい話だったなと思えるのではないでしょうか。
 

なんかうまく言い表せていませんが、気軽に観られる内容ですし、とても良いお話なので、知らない人にはぜひ一度、観ていただきたいと思います。
| FF14 | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
FF15クリアしました

さて、非常に今更な話なのですが、FFXVをクリアしました。ずっと発売を心待ちにしていたはずなのに、発売当時はリアルがバタバタしていたのでプレイする時間が取れずタイミングを逃してしまって遊べていませんでした。最近ようやく気持ちが落ち着いたのと、FFXIVのコラボが始まる前にやっておきたかったのと、エピソードアーデンの動画を見て内容が気になったのとでしまい込んでいたソフトを引っ張り出して遊んでみた次第です。

 

色々なチャレンジがなされていて色々考えさせる内容のゲームでした。

 

ちょっと思いっきりネタバレで書きますので、ダメな人はこの先は読まないでくださいね。

続きを読む >>
| ゲームレビュー | 01:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
東京ファンフェス感想

さてまた随分久しぶりな更新になってしまいましたが、東京ファンフェスの感想を書きたいと思います。いやホントは会場に行きたかったけどさ、チケット外れちゃったからどうしようもなくて、ね。まぁ気持ちの上で諦めてた分もあるから後悔はしてませんが、でもコンサート観たかったなぁってのはすごく思います。後日動画編集して販売でもいいので見られるようにしてもらえないものでしょうかね?DVDに残っちゃうとまずいってんなら期間限定配信とかでもいいので。生放送は色々難しい問題もあるみたいなので、なんかもう編集入りまくりでもいいからライブの様子が見たかったな、とすごく思ってます。現在進行形で思ってます。なんとかならないのですかヨシダー!ソケンさーん!

 

さて愚痴は置いておいて、基調講演でいろいろ発表になりましたね。次なる冒険の舞台はなんと第一世界!鏡像世界に行っちゃうんですね。えー、まじかー、大丈夫なのかー?ていうかどうやって行くの戻れるの??と色々気になりますね。いやしかしその分遊べるエリアが広がりそうでそこは純粋に嬉しいですね。やっぱね、未知なる世界、新しい土地って憧れるじゃないですか!ゲーマーの心が湧きたつ瞬間ですよ!!!うーんでも鏡像世界に行くときって特種演出あるんかなー?フツーに暗転して移動だったらwやだなーさみしいなー。でも時空を超える演出ってどうなるんかなー、まぁほらゲーム的には色々あるじゃないですか、ドラクエの旅の扉の演出とか、FFIVで月に行くときの演出とか、FFXIII-2のヒストリアクロスとか、こう、なんか一見したときにうおっ!なにこれ!?ってなるような演出が欲しいなと、単純に暗転してハイ移動ってのはちょっと味気ないなと、勝手になんか期待してたりする私です(一回見たらその後はみんなスキップして観なくなるのもわかってるからそんなにがんばれとも言えないけれどもそれでも見たいものは見たい)。自分が一回分解されて再構築されるとかそっち系の描写でもいいんだけど、とにかくこう、単なる移動じゃないんだっていう演出が欲しい。

 

第一世界のクリスタリウムの街のモデルが、2005年のE3でスクエニが出したデモ動画のイメージだというのが驚きの新事実でしたね。わたしはそこまですぐに思い至らなかったので、ネットでの反応を見つけたときにうわー凄いなーと思いました。旧FFXIVになる前のコードネーム「rapture」だった頃のイメージが今になって生きてくるという、不思議な奇跡が起こっているんだなとちょっとした感動がありました。開発パネルと合わせて、この辺の世界観の構築にまつわるお話はとてもとても面白かったです。何気なく歩いている街や森や山も物凄いこだわりの下で作られているからあんなに綺麗なんですよね。そんな世界を自由に探索できるってやっぱり凄い楽しい体験だなと思います。

 

そして発表された新ジョブは踊り子!ヒーラーじゃなかったのは残念ですが、見ていて楽しいジョブになりそうなので、どんなアクションになって踊りが実装されるのかとても楽しみです。男でも女でも違和感のない動きって結構難しい気がする…。

 

そして気になっていた新種族はロスガルでしたね。獣人。かなり今までとは毛色の違う種族になりそうですね。性別が選べないのはまぁ仕方がないのかな、と思いますが、ヴィエラ男性の期待が高かったのは分かるので、出さないのであればヴィエラ発表時にはっきり言った方がよかったのではないのかなーという気はします。

 

そしてこれまで謎だった高難易度コンテンツは「希望の園エデン」。キャラデザに野村さん!!スクエニファンなら反応しないわけはないですね。忙しいのに大丈夫なのかな、アートチームの表情が全員固いんだけど大丈夫かな、とちょっと心配になったりしましたが、期待値はめちゃくちゃ上がりましたので楽しみに待ちたいと思います。ガイアさん?は『輝け』って言うんでしょうかね?w

色々大変だとは思いますが、頑張って欲しいです。期待しております。

 

5.0に関する大きな新情報はこのあたりですかね。第一世界での冒険がどんなものになるのか、とても楽しみです。でもガレマール帝国ほっといて大丈夫なのですかね?まぁ時空超えちゃうからいいのかな??

 

直樹の部屋はゲストの皆さんそれぞれに濃いお話が聞けて面白かったですね。スクエニは老人の絵作りが苦手とか言っちゃっていいのかと思いましたけど、どうなんだろあれは逆にスタッフの人たち奮起して頑張っちゃう方なのかな、なんというか、年を取る表現って難しいってのはありますよね。見た目若々しいまま年取る人もいるし、逆もあるし。顔のしわや皮膚のしわ肌の衰えや背骨の曲がり・・・関節傷めたりすると骨格も変形して変わりますからね。それを動かすとなったら・・・作業量ガー!ってなりますわな。最近はAIで人の写真をもとに老けさせたりとかできるみたいだから、できないことも無いんじゃないかとは思いますけど、スクエニ的なデザインでていうとどうなんだろうな、うーん。まぁでもまずはNPCからで、色々チャレンジして欲しいなとは思います。

 

2日目のPLLLでは今後のパッチの紹介と織田さんのQ&Aセッションがあり、ディシディアへのゼノスの参戦発表、そして光のお父さんの映画化の発表がありました。ていうか公開かなり近いじゃないですか!6/21って拡張前ですよ。これはもう見に行くしかない!

主演の俳優さんがお二人ともゲームが好きということでちょっと嬉しくなりました。TV版の千葉雄大くんと大杉漣さんのイメージが強いので映画版がどうなるのかちょっとドキドキしつつ楽しみに待ちたいと思います。いやしかし予想外のことって本当に起こるんですね。びっくりしますね。

 

ディシディアのゼノスはなんかめっちゃ生き生きしてましたね。ディシディアの世界は思う存分狩りができて楽しいんでしょうね。ほかのキャラと協力とかは全くしなさそうな雰囲気ですが、実際に戦ってるところが見たいなって思いました。

 

そして普段PvPには全く触れていない私ですが、FRC2019は見ているだけでもとても熱くてテンションの上がる戦いでしたね。優勝チームのヒラさん凄すぎ!どうやったらあんな風に動けるんだろう…?ってもう私にはまったく意味が分からない感じのレベルですが凄い。あの試合はまた今度ARTVとかでゆっくり解説して欲しいなーとか思ったりします。解説がないとわからないことが多すぎるので。なんで落ちないの?って思うことが何回もあってもうほんとに意味が分からないのですよw

 

最後のTERUさんとの対談も思っていた以上に(失礼!)楽しかったです。私はバトル苦手なので、ギャザクラの話題が多くて嬉しかったです。なんかお話の内容が、もう本当にFFXIVの世界に溶け込んで遊んでるんだなーという感じでほんわかしました。スノボも実装して欲しいなー。いつかなー。そんなこんなで、今回も話題盛りだくさんでとても盛り上がる内容のファンフェスティバルでした。来週から続々とアップデートも入りますし、いよいよ近づいてきた拡張を楽しみにプレイしていきたいと思います。

 

うーんでもやっぱり最後、ライブ見たかったなぁ…。

| FF14 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
びっくりどっきりファンフェス新情報
さあいよいよ5.0の姿が見えてきた感じのパリファンフェスティバル!楽しみな新情報が盛り沢山でしたね。興奮冷めやらぬ今日ですが、気持ちのままに語っていこうと思います。
まず注目は新ジョブ、ガンブレイカー。ガンブレードと魔弾を武器に戦うタンクということでした。動画も公開されましたが、とにかくカッコいい。他のタンク職と比べると少し身軽な感じがしますね。そして吉Pのコスプレが素敵すぎて私はキャーキャーしまくってましたw ロングコート大好きなんですよもーやだカッコいいじゃないのー。ダイエットしてたのはもしかしてこのためなんじゃないでしょうかね。あの衣装結構ピッタリした感じだったので、太るとガンブレイカーのイメージに関わる!とか思って頑張ってたんじゃないかな(←勝手な妄想です)。
リワードの衣装も既にありますし、スコールごっこがはかどりますね。

そしてウォークスルー動画の公開された新エリアが2つ。樹木に覆われたラケティカ大森林と妖精郷イルメグ。そして新蛮族のピクシー。どちらのエリアも自然が豊かで帝国の雰囲気がまるでないのですよね。特にイル・メグは今までにないファンタジックな雰囲気で、あの世界の一体どこにこんな場所があるんだろう?と不思議に思ってしまいます。4.5以降にどんな旅が待っているのでしょうか?やっぱり時空を超えちゃうのかな??イラストが公開されていた妖精王のティターニアは神秘的な雰囲気たっぷりでとても綺麗なキャラでしたね。どんな物語が展開するのか、とても楽しみです。

あとフランの登場で期待が高まっていた新種族のヴィエラ。公開された動画もめっちゃセクシーで魅力的なので、パッチがきたら街にヴィエラが溢れかえるような気がします。私もとりあえずサブキャラ作ろうと思います。

そして一番びっくりしたのが新アライアンスレイドですね。なんとニーア!本当にヨコオさん連れてきたの!?大丈夫なの!??と正直嬉しさよりも驚きの方が大きかったです。いやニーアはもちろん大好きなので嬉しいんですけど、でもヨコオさんだよ?ハイデリン大丈夫?って若干心配です。(ヨコオさんが来るとなったら「聞いて感じて考えて」なんて言ってられないよ「待ってやめて壊さないで!」って言わなきゃいけないよw)
いやもうどうなるのか全然わかんないですけど、今回一番びっくりしましたしとりあえずめっちゃドキドキしております。開発頑張ってくださいね。超、期待しております。

と、そんなこんなで色々びっくりした5.0の新情報でした。

そして5.0関連はここまでですが、翌日のPLLでその前の一つ大きな追加が発表されましたね。FFXVとのコラボ。いや正直FFXV側の発表の後何も音沙汰がないからなんか事情があってできなくなったりしてないかと心配していましたが、無事に開催されるようで良かったです。そしてやっぱり嬉しいのが報酬のレガリア!なんと4人乗り!!私も動画を見た瞬間声が出ましたし、会場の盛り上がり方も凄かったですね。ノクティスに会えるのも楽しみです。

さて他にも情報はいろいろ出ていましたが、大きかったのはこのあたりかな。色々楽しみがいっぱいで今後の情報からも目が離せないですね。あ、5.0の発売日は7/2、アーリーアクセス開始が6/28ですね。いやぁ待ち遠しいなぁー♪(いろいろ想像してるとワクワクするのでこの待ち時間は楽しいです。開発頑張ってくださいね。)
| FF14 | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
パッチ4.5そして青

さてパッチ4.5の実装から1週間。オーボンヌ行って、メインクエやって、青龍ノーマルやって、お得意様と麻雀やって、そして昨日青魔動士が実装されました。忙しい!wやることがないなんて言わせないぞという気迫を感じますね。

オーボンヌはFFT好きな人にはたまらない(人によっては衝撃的な!?)結末でしたね。あとワインクエの後日談も。ラムザとディリータをFFの王道にそっと乗せてくれた感じで、松野さん随分優しいんだなーと思った展開でした。FFT本編の投げっぱなし感というか投げつけられ感も好きですけどね。当時はムギャーとなりましたが、こんな形でフォローされる時が来るとは…!最後に仲間ユニットが出てくるのがたまりませんね。オーランとアルマのくだりは松野さんにしか書けないですよね(ほかの人が書いたら暴動が起きる)…ところでダルマスカの話はまだ終わってないけど、このまま5.0に続いていくのでしょうかね?松野さんのゲスト参加も続いたりしないのかな??(異邦の劇作家は暇だと言うてたけど…)


そしてメインクエスト。ヴァリス帝が喋る喋る。今まで影薄いとか思っててスミマセン。ギムリトダークはNPCがいっぱいでわちゃわちゃしてて楽しかったですが、これからどうなるのでしょうね?総力戦で最初順調ってもろに全滅フラグな気がして怖いのですが…。それにしてもNPCの動きがいいというか、皆さん声がいいので耳が幸せです。あとちゃんと範囲攻撃遠くへ捨ててくれたりするんですね。おお!すげー優秀!と思って見ていました。これはフェイスも期待できそう…!?

 

青龍はノーマルだけですが、CFで初見さん4人ぐらいいたけどなんとか勝てました。後半画面がわけわからん感じでしたが、水中が苦手な人とか大丈夫なのかなって思うくらいバシャバシャぶくぶくしてましたね。あと音楽がイイ!爽快感のある曲ですね。テンゼンは何も語らず、瞳で語るタイプのイケメンでした。なるほど朱雀ちゃんが暴走しちゃうわけだ。

 

そして青魔導士。ちゃんと楽しめるかどうか不安でしたが、やってみたら楽しかったです。まだレベル20ですが、雑魚敵を倒すだけで経験値が入るので普通にサクサク遊べます。どれがラーニングできるのかを考えながら探すのは意外と楽しいですね。もうネットでは情報出ちゃってるみたいですが、私は宿題の答え丸写しするの嫌いな性格なのでできるところまでは頑張って自力で探そうと思います。手帳に書いてない敵からでもラーニングできるみたいなので探し買いがあります♪

 

あと時間泥棒なのが麻雀ですね。いや別にやらなくていいんですけど。できるついやってしまうとムキになって何度もやってしまう。よくできたゲームだなと思います。これはもうそもそも麻雀のルールがよくできてるんですよね。運の要素がありつつ、考えて周りの動きを読むことで有利に持っていくこともできる。運と戦略性の塩梅が凄く絶妙なんだなーとつくづく思います。クロちゃんの空想帳やるつもりでログインしたのに気が付いたら雀卓の前で2時間経過とかね…あかんやつやw

 

そんなこんなでいろいろ楽しくてますます時間が足りない私なのでした。もうすぐKH3発売なのにどうしよう・・・。

| FF14 | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
2019年もよろしくお願いします!

あけましておめでとうございます!2019年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

もうすっかり明けてしまいましたが、皆様楽しいお正月を迎えられましたでしょうか?

 

私は元日は両親と自宅で過ごし、近所の神社へ初詣に行って、叔父を家に招いたりしてのんびり過ごしました。2日はちょっと出かけようかということになって京都の八坂神社へ。おみくじは半吉でした。半吉って良いの?悪いの?よくわからない…。3日はちょっと事務仕事片づけて後は買い物。もう3日ともなるとほとんど日常ですよね最近は。

 

ちなみに私は今日が仕事始めでして、かなりのんびり過ごしたお正月でした。でもめずらしくほとんどゲームしてないのです。柄にもなく編み物したりしてるけど、なかなか進まないね。めんどいね・・・。今年の目標はゆるく楽しく生きること。自分で自分の心を満たせるように。自分にとっておいしいものとか、面白いものとか、暖かいものとか、そういう自分が嬉しいと感じる物事を大切に、守り育てていく一年にしたいなと思っております。うーん保守的。新しい出会いも大事だから、心を閉じないように気を付けつつですね。

 

さて、そんなこんなで明日はいよいよパッチ4.5!年末年始遊べなかった分もこれから遊ぶぞ〜!!とはりきっておりますw

と、その前に今日は朗読会!パッチノート開いて予習だ〜♪

| 雑記 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark