<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< エメトセルクのその後を考えてみた捏造二次創作 | main | 極ハーデスクリアしました >>
パッチ5.1感想
さてさてそんなわけで昨日、パッチ5.1のメインクエストとヨルハレイドをクリアしました。私にしては早かった方ではないかななどと思いつつ、エメ沼の民としては極ハーデスに行かねばならぬのですが、何分実力も装備も追いついておらずまだ準備中の私でございます。
 
何はともあれメインクエスト。やっぱりエメトセルクのことばかり考えながら遊んでしまうわけですが、今回一番刺さったのは魂の活性化をアリゼーが行った際のベーク=ラグさんの台詞でした。
 
「空想を現実に変える。
 その強き想いは、彼女だけのものではあるまい。
 ここにはおらぬ誰かから、アリゼーが継いだものに違いない」
 
ここにはおらぬ誰かって、エメトセルクのことですよね?
いやもちろんテスリーンの想いも入ってるだろうけど、その前に話してる魔法の原理の話からして、力を貸してるのは最古の魔導士その人でしょう。
・・・・ぬああああああああエ”メ”ち”ゃん”ん”!!!
 
そんな…暁の面子にまでそんな力を残して…。どんだけ愛が深いの!?なんでそんな人がこの世界を去らないといけなかったの??
 
解釈違いだって言う人もいるかもしれないけど、エメトセルクは誰よりも深くこの世界を愛していた人なのだと思う。ただその愛するがゆえに、不完全な命が生まれることを許せず、自分の理想とする世界の在り方に縛られて、世界を壊して作り直そうとまでしてしまった。それは神に近い人であったが故の驕りであり、狂おしいまでの愛情の形であったのだと思う。
 
結局のところ、アラグにもガレマール帝国にも彼の想いと秘術は受け継がれているわけで、それは呪いであったのかもしれないけれど、確かにそれは人を強くしたし、現に今それは破滅に抗う希望にもなろうとしている。やっぱりこの人神様なんじゃないか、って思いました。今の人類をなりそこないと蔑んで憎んでもいたけれど、その命をもっと強く豊かに幸せに生きて欲しいと誰よりも願っていたのも彼なのではないかという気がするのです。
 
そんな彼が愛した世界だから、守っていかないといけない。その願いは確かに託されたわけですから、前を向いて歩いて行かないといけない。ぐおおおお。めっちゃわかる、めっちゃわかるんですけれども心が辛い。エメちゃんの幸せはどこにあるのエメちゃん…。とまたしばらく心が迷子になっておりました。いやはやこんなにいつまでも心を引っ掻き回されるなんてね…。うちの子(マイキャラ)は割と平然と受け止めているのですが、私の気持ちが動揺しまくっているので困ったものです。取りあえず極ハーデスを早くなんとかしたいですハイ。
 
そして一方のヨルハ。これまた予想以上にニーアでした。選択肢とかだいじなものとか、一気にその世界に引き込まれてしまう。バトルもイクラ玉が飛んできたり、機械生命体の攻撃音がいっぱい聞こえてきたり、あっちこっちから飛んでくる攻撃がアクションゲームさながらで、やべえFFXIVなのにニーアやってるみたいだこれってなりました。
 
カットシーンでのキャラの動きも良くできていて、正直プラチナさんのモーションが良すぎるからXIVの中に持ってきたらもっさり感が出てがっかりするんじゃないのかと心配していたのですが、ニーアのキャラがちゃんと動いていると思えるアクションになっていました。
報酬の装備とかはまだもらえてないんですけれど、なんでも尻が盛られるとか!?私はまだ手に入れていないのでネットで流れてくる尻画像を見て楽しんでおります。尻は良いものですね。ええ。(誰のとは申しませんが)
 
…えー、あー、最近自分のキャラがよくわからなくなっておりますねハイ。
 
新規IDのグラン・コスモスはホウキの攻撃を避けるのが難しくてちょっと苦手なのですが、水晶公と一緒に行けるのが何より嬉しかったです。途中の騎士たちが蒼天騎士団を思い出させたり、踊ってる幻影がニーアっぽかったり、細かいところも見ていて楽しいです。そして何より張り切ってはしゃいじゃう公が可愛くてしょうがない!ずっと連れて歩きたいんですけど!
 
お話の流れの中で、水晶公死んじゃだめだよって気持ちをちゃんと拾ってくれたのも嬉しかったです。デコピンはびっくりしましたけれどもw アリゼーも本当にいいキャラですよね。あ、あと、チャイ・ヌズさんの演説もとても良かったですね。あんなに変わるものかと感心しながら、チャイ夫人とのやりとりもちゃんとあって、ほっこりあったかい気持ちになりました。ドゥリアさん幸せ者やなぁ…。
 
これからのお話はどうなるのかな…エリちゃん何する気なの…?っていうのが一番怖いんですけれども、ゼノスさんもよくわからないことになっていましたね。ハイデリンとゾディアークの件が終わってないのになんか新勢力っぽいものまで出てきてどうなることやら…。ガイウスさんは大活躍でしたね。サンクレッドと入れ替わりで仲間になったりするのかな…と思ったりしました。サンクレッドはリーンのこともあるし第一世界に残るとか言いだしそうで…ミンフィリアが守った世界だし、離れたくないんじゃないかという気がします。
 
色々わからないことだらけでなかなか予想もつきませんが、エリちゃんが白法衣である理由はそろそろ明らかになるのでしょうかね?あれこれ考えつつ、エメトセルクへの気持ちの整理をしながら次を待ちたいと思います。
| FF14 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark









トラックバック機能は終了しました。