<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
少年ヨルハと音楽劇ヨルハ
 残念ながら舞台は見に行けなかったのですがニコ生で鑑賞しましたので感想です。結論から言うとどちらもとても良かったのでゲームのニーアオートマタが好きなら絶対見た方がいいし、オートマタじゃなくてもニーアとかDODが好きなら見た方がいいというか、完全にヨコオ節なのでヨコオさん好きなら見た方がいいと思います。
 
 少年ヨルハの方はゲームの時間軸のちょっと前のお話で、ヨルハの実験M部隊のお話ですね。小説版とかにも載っていない新規のストーリーなので割とみっちり気になる要素てんこ盛りです。2Bと9Sのキャラクターのベースになっているっぽい2号と9号が登場します。オートマタを知っていると登場シーンからやり取り全部そのままでうわああぁぁってなりますね。で、この二人もいいのですが私個人的に大ヒットは3号と4号でした。あの二人の殺陣がもうめっちゃいいというか見ててゾクゾクしっ放しでした。教官と6号もいいですが3号と4号の関係がやっぱり痛々しくて好きですねぇ。いやぁもう最高のラブシーンでした。最後の絶望がまたもうね。2Bの登場でうわぁ…ってなるのが避けられずひたすら痛い。
 
 BLなのかどうなのかというのが一部で話題になっているようですが、うんまぁBLにするなら6号と教官をもっとほかのキャラにも絡ませて、2号と絡むキャラとして小説版に出てきたシードを登場させて9号を嫉妬させたりしたら面白いかなぁ…と腐女子としては思います。
 
 音楽劇ヨルハの方は元々の舞台のヨルハの頃からあった筋書きで小説版「短イ話」にも載っている真珠湾降下作戦の話ですね。こちらで印象に残ったのはエミさんの歌と司令官サイドの描写と赤い少女の怖さですね。小説版にはいないデイジーも存在感のあるキャラでしたね。最終的な展開が全部エグいですけど…。
 舞台を生で観ていないので、その場で観ていたら迫力はきっと全然違うのだろうなと思いますが、それでもあの鬼気迫る赤い少女二人の表情は凄いなと思いました。あの底知れない狂気と怖さは人間じゃないと出せない。そう、人間って怖い。
 
 私、学生の時に少しだけ演劇部にいて、演じることへの興味はそれなりにあったので、こういう舞台で思いっきり感情や狂気を表現できるっていいなぁ凄いなぁと思いました。いろんな感情を抑えたり隠したりしながら社会秩序を保ちつつ生きるのが人間というものなので、演じることによってはじめて解放できる感情というものもあるだろうし、それを観る人も感情移入することによって普段自由に解放できない気持ちを経験・発散することができて、それは大きな意味があると思うのです。ヨルハに関してはヨコオさんよくここまで辛い展開にもっていくなぁと毎回心抉られる気持ちで見ていますが…。演じることの迫力とそれが与えてくれるパワーを目の前にして、あぁ舞台演劇っていいなぁ、と実感する舞台でもありました。
 
 全体のストーリーを通して見てみると、そもそも最初に機械”生命”体と呼んだのは誰なんだろう…とか気になり始めました。最初からわかってたんですかね?結局のところアンドロイドも増殖再生学習進化して同じような道をたどっていくわけですが、そういえば最初から相手を”生命”って呼んでるのはなぜなんだろう?後日談的なストーリーというか、カクタスやアネモネ、ゲーム本編の後のジャッカスさんのその後の話とかを今後展開する予定はあるのかなぁとか、まだまだ色々気になるところの多い作品でもありますね。
 
 ニーアオートマタの発売からちょうど一周年だそうですね。半額セールも開始されたようですし、試しにゲームを触ってみるもよし、様子見で舞台のヨルハを見てみるもよし(ニコ生の視聴期限が迫っていますので迷っている人は急いで!)、どちらからでもはまれると思うので、まだニーアの世界を体験していない人はぜひ一度味わってみてください!ニーアでなくてもDODでも何でもいいので、とにかくヨコオさんの絶望の世界を知らないのは勿体ないと思うのです。
 

 


ただちょっとまぁ、オートマタも舞台も叫びまくり絶叫しまくりのところはあるので、絶叫が苦手な人は、ちょっと気を付けた方がいいかなとは思います。(←なんか私自身が最近弱くなってるらしくて鳥肌どころではなくほんとに怖い痛い辛い系の演出がダメな時がありますので、念のためというやつです。普通に元気なら大丈夫な演出ですが弱ってたり過敏になってるときは気を付けてねという意味)でも知らないのは勿体ないです本当に。

| NieR | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
ニーアR二次創作
 誰も求めてないとは思いつつ、私にとっては感想文の延長のようなものですので。
エンディングネタバレしてます上に死にネタです。何も救ってないです。

駄目な人はスルーしてください。

エンディングBのレプリカント側のその後を書いたようなものです。約9000字。


続きを読む >>
| NieR | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
ニーア9周目雑感
 ちんたらちんたらと遊んでおりますニーア9周目。
現在レベル21で、ストーリー的にはこれから洋館に行くところ、ですが、洋館に行ってしまうと後戻りできなくなるのでクエスト消化やら武器強化やらで遊び回っています。

・序盤のレベル上げは砂漠の狼が最適かと。砂嵐がきつくなるところで、奥から狼が出てくるので、近づいてくるところを黒の弾連射で倒す。砂嵐に突っ込むと強制的に戻されてしまうけど、奥に行こうとしてると狼が沸いて出て来てくれるので、こちらに向かってくるときに撃てばOKです。めったに近づいてこないので、こちらのレベルが低くても倒せます。剥ぎ取りは難しいですが、うまく引き寄せれば剥ぎ取れます。が、欲張ってると噛みつかれるので、レベルが低いうちは確実に倒すことを優先した方が良いと思います。一定数超えると出てこなくなるので、いったん戻って画面切り替えて仕切り直し。一匹100EXPなので、レベル12ぐらいまでは頑張ればいけます。それ以上になるとちょっと飽きてくるかなー。

・DLCはステージ5までクリアしましたが、横スクロールのジャンプが厳しいですね。というかジャンプの二段目の時に回避を押せば飛距離が伸びるってことを今回初めて知りました。どうにも飛び越えられなくてやけくそでガチャガチャやってたらできただけなんですが。器用ですねニーアさんw

・チタン合金稼ぎはロボット山のB2Fへのエレベーターを降りてすぐのところで、赤いロボット3+1をひたすら倒すのを繰り返してやってます。エレベータ上がると復活するので、出入りを繰り返してたら30分ぐらいで4個集まりました。まぁまぁじゃないでしょうか?

・追加コスチューム、ニーアのふとももが見えなくて残念w あと、ヨナの衣装も変わって欲しかったなぁと。浴衣姿とかひな人形姿のヨナが見てみたかったなぁ…絶対かわいいと思う。ヨナもそうおもう。て言うかニーアやってると兄バカがうつる気がするw

・ロボット山、昔は軍事工場だったって言ってるけど、なんかあんまりそんな感じがしないなぁ、と。むしろこれ、オモチャ工場なんじゃないか?と思ったら余計鬱になったどうしてくれるw

・鷲の卵がなかなか出ない。大きな卵がもっと出ない。う〜〜〜。

・愚者の抱擁を背負っていると、ニーアにしっぽが生えたように見えることがある。ニーアってジェノムだったのかぁ…w(FF9のね。一部設定被ってますよね)

のんびりやってるので、いつになるかはわからんけど全トロフィー獲得してやりたいと思ってます。しかし面倒なのは月光草だよな・・・うーん。
| NieR | 18:19 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
ニーア攻略本
 ニーア ザ・コンプリートガイド+設定資料集 GRIMOIRE NieR読みました。
まぁ完全に全部読んだわけではなく、主に設定資料と追加ストーリーを読みました。攻略本としての内容は薄いですが、いやまぁ、そもそもこの本を買うぐらいニーアにハマる人は基本的な攻略はすでに終えているだろうという前提での本だと思います。

一言で言うと、濃い。とにかく文字が小さくて内容がびっしり。
プレーヤーが知りたかったゲーム上の設定のあれやこれやも、別に知らなくても良かった的なあれやこれやも色々と載っています。あァそうだったのか、と思える部分は沢山あります。
ゲームの感想ではDODとは違うと書いたけど、これを読んでまた色々考えて、根っこのところでとてもよく似た部分もあるなぁと思いました。

ショートストーリーは「人魚姫」が一番ゾクッと来ました。「失ワレタ世界」があんまりにも綺麗に纏まってるもんで、色んな意味で目が潰れそうでした。

とりあえず、ファンなら買って損はないというか、買うべし!な内容の本です。電撃さんの本の作りは熱くて良いなぁ、と思ったり。ニーアの世界とキャラに対する熱い思いがいっぱい詰まっている本なので、ニーアの世界とキャラが好きだって人は間違いなく幸せになれると思います。最近文章読まなくなって久しいけど、久々にたくさん読んだ気がします。あとは初期設定のイラストなんかも多数見られますが、スクエニテイストに満ちていてなんだか笑えます。あァ確かにスクエニっぽい…なんか知らんけど、スクエニっぽさ、っていうのが、既にばれてるんよねw 良く言えば作風がちゃんと確立してる、悪く言えばワンパターン。

私はスクエニに偏りすぎててデベロッパーさんのことがちっともわかっていないので、caviaの開発スタッフさんへのインタビューがもっと欲しかったなぁと個人的には思いました。いや、私は結構コトバに頼る人だから良いんだけど、ゲーム的にはもっとシステムとかグラフィックとか深く突っ込んで欲しい部分がいっぱいあるわけで、ちょっとこの本、シナリオと設定解説に重点を置きすぎだよね、と思った次第。
まぁそっちはそっちでまた別に本を出してくれればそれでいいわけですけどね。

とりあえず、ニーア熱はまだ当分冷めそうにありません。
| NieR | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
レプリカントとゲシュタルト
 レプリカントの方では2周目を光速で進めつつ、ゲシュタルトの方は差異を楽しむつもりでまったりプレイ…と思っていたけどあんまり親父には感情移入できない私。
小銭稼ぎのクエストなんかやってないで親父働けよ!と思ってしまう。
カイネさんのボイスがピー音なしなのは良いんですけど、英語だと結局よく分かんないし、ゲーム始める度にタイトルバックでWeiss! You damm ASS…って流れてしまうのが何とも(笑)
DLCやりたいんだけどレベル低くて全然太刀打ちできないし、どうせ時間かけるなら、レプリカントでもう一度ニーアに再会してからじっくりやりたい。本当に楽しいゲームには、終わりなんて求めてはいない。ずっとこのキャラたちと遊んでいたい。それが今の素直な気持ちです。でもそのためにはもう一回Dまでクリアしなきゃ…。あぁホントに酷いゲーム(←褒め言葉)。

結局日本ではレプリカントの方が人気のようですね。まぁ当然という気もしますが。
DLCの音楽が良いんだけどCDにならないのかな、せめて配信でいいからゆっくり聞けるようにしてほしい。

つくづく思うけど、ニーアのストーリーの根本にあるのは「喪失」の体験。結局のところ、失ったものは戻らないのだから、そこにとらわれていては心は絶望や狂気といった負の感情でしか満たされなくなってしまう。悲しみに浸るか、そこから逃げて別の何かを創出する方を選ぶか、取り戻せないものを取り戻すために永遠の道を歩くか。
その問いかけをもう良いよってくらいにしつこくゲーム中で何回も何回も投げかけて来て、最後にDエンドでプレイヤーにその喪失をもたらしてくれる。

それをカイネさん、「何かとても大切なものを、貰った気がするんだ」って受け止めてるんだよね。”失った”じゃなくて”貰った”なのか、そうなのか…って、しばらく悩んだけどやっぱりあそこは“貰った”になるんだね。カイネさんは本当に強くて優しい人だなぁ。

…ってかニーアを返せ!返せよぉお!!!(泣)
な気持ちが抑えきれずに結局周回プレイを始めてしまった私。

まぁとにかく、はめられたってことですよ。
| NieR | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
最終兵器を聴き取ってみた

 別に誰に求められてるわけでもないと思うけど、前回ちょっとアクセス増えたので、懲りもせず最終兵器を聴き取ってみた。聴こえた音を適当にアルファベット化してるだけなんで、ほんと適当です。


最終兵器

du-wa  ya-la
du-wa  yalala yalala
du-wa  ya-la
du-wa  yalala yalala

kanuman dolu-tra
kan or bade gya-ya

toc fi rai nai sez
wo si-c ma rei
frais tu ba-i

urajye in bashu
si kya gre

whestailu haptetai
quintesque syula meiya

cotivaizon venus thra
bikyuraio vate-i gya-ya

bityuraio end einciant
bityuraio di-de do-za

du-wa  ya-la
du-wa  yalala yalala
du-wa  ya-la
du-wa  yalala yalala

con urajye in bashu
si kya gre

westailu haptetai
quintesque syura meiya

cotivaizon venus thra
bikyuraio vate-i gya-ya

bityuraio end einciant
bityuraio di-de do-za

du-wa  ya-la
du-wa  yalala yalala
du-wa  ya-la
du-wa  yalala yalala

ビキュライオーなのか、ビチュライオーなのかちょっとはっきりとは分からない。
エインシャントって英語のancientまんまのようにも聞こえる。
でもこれ書いてたら、venusってつづりに出会って、きっとこれがこの曲のテーマだなって一人で納得してた。venus=愛、英語でいえばヴィーナス。まぁ、妄想ですがね。

| NieR | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Dエンド見ました
 いや、分かっていても悲しいですねこれは。哀しいというか寂しいというか。旅の最中が楽しかっただけに、せつない。
でも総合的に見てとても良いゲームだったと思います。ゲーム好きな人がゲーム好きな人のために作ったって感じがする。
以下、いつものように箇条書き。後半ネタばれで書き散らします。

【アクション】
・魔王の城で、イノブタ(違うけどw)に追っかけまわされるとこが一番苦労した。階段を転がり上がるアクションなんて初めてやったわ!w
・巨大な敵、って言うと少年期のラストのアレが一番でかかった気がする。ボスとして一番印象が強かったのはあいつかな。名前知らないけど。
・後半槍ばっかり使ってたせいで、他の武器の使い勝手がいまいちわからん。周回プレイしてると普通にこれ、敵弱くね?って思う。

【音楽】
・何度も書いてますが素晴らしい。時に心地よく、時に悲しく、時に激しく響く歌声と重みのあるピアノ。横尾さんの「僕にとってゲームは音楽の奴隷です」って言葉も衝撃だったけど、このゲームのできを見てたらその言葉は決して誇張ではないと分かる。
・サントラの感想はまた改めて書きます。いやもう、言いたいことありすぎて…。

【ストーリー】
・なんというか、パンドラの箱の中身を見てしまったような感じ。絶望が数えきれないぐらいいっぱいあって、でも最後に希望だけは消せなかったっていう人間のお話。だと思う。
・DODとはかなり違うと思う。同じものを期待するとがっかりかも。

はい、で、こっからネタバレ

駄目な人は

退













続きを読む >>
| NieR | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
イニシエノウタを聴き取ってみる

 月光草の種(桃)が10個集まったら、クエストクリアしてDエンド見に行くんだ…そう決心したものの、まだ花が咲いてて種にならない。そこでサントラ聴きながらイニシエノウタを聴き取りしてみた。

なに、意味はない。自己満足、ってか自己耽溺。良いんだよ楽しいから。


イニシエノウタ −運命―

kuluatta (soba) tunobo bala-i

tulije (twala) polae lega-i

condafai (condafai) uvofatu bronuja-i

shutete (pora) tyekili a do-o

cinnatta (ende) ibelich bele-i

retional (miara) swaebi ane-i

sijaco (sijaco) alecmi fata riga

maik misa (ulari) ubolici re-e

u-trasain aforejo culos ro-o

twai gotosei wi gotosei

tu fro ra-i

u-trasain afoleja clos ro-o

twai gotosei wi gotosei

tu fra ra-i i-jya

u-liya cocici jya tukaija-a

nyameta zomecri la zomecri lingua no

u-eri manjaho beara co-o

alina radasei lala dasei sindyu ro-o


カタカナにしようかとも思ったけど、なんかアルファベットの方が雰囲気出る気がしたので。
この曲もカイネも歌うのチョー楽しい。
ゲシュタルトもぼちぼちとやっとりますが…父と兄って、物語的には全然違うもののようにすら思えてくる。英語がスラスラ聞ける耳が欲しい。Ashes of Dreamsが聴き取れない!シロちゃん手伝ってよ!w

| NieR | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Bエンド、Cエンド見ました
 さて残るはDですがまだ決心がつかず迷ってます。
月光草のクエストだけが終わらない…。DLCは何が来るんだろう?
Dエンド見といた方がすっきりするのかなぁ?

【アクション】
・2周目3周目になるとほぼ力押しでゴリ押し。でも瞬殺しちゃうとボイスが聴けないという…。
・仮面の街で段差の変なところに着地したニーアがしばらく宙を泳いでた。宇宙遊泳みたいな動きで段差の端まで移動してすとんと落ちた。今の何!?スゲー!!と感心したがその後いくらやっても同じ現象が起きない。武器屋の上あたりの、ふちが丸くなった段差のところだった。
・結局王位簒奪者の槍をずっと使ってます。魔法は黒の槍と黒の弾。
・終盤の弾幕は凄いな。なんというか、ザ・弾幕、な感じ。でもイクラ(笑)

【ストーリー】
・Aエンドの印象をBでひっくり返す。Cで浄化する。Dはどうなるんだ・・・。
・見たいけど見たくない…こんなに心がギリギリするゲームは確かに他にない気がする。
・まぁ、DODのようなカラッとした感がなくて非常に湿っぽいというかかなり湿度高いので、合わない人はいると思う。
・ところでこれ、ニーア→カイネが公式ってことでおk?

【その他】
・データロード画面のヨナが可愛い。走って転ぶと「ああっ、ヨナ!!」って焦るニーアが想像できてしまう。
・なんだかんだで、イベントムービーでの演出が凄く良い。めちゃめちゃカッコいい。ボスの前後の演出はどれもこれも気合入ってて燃える。魔王はもうちょっと粘ってくれても良かったかもだけどね。
・グラフィックが荒いって評価もあるようですが、あんだけ動いてて演出効いてたら私は文句ないです。顔がちょっと細長いのでそこで好みが分かれるのかも。カイネさんが綺麗でニーアがカッコよく見えたから私は十分です。Bエンドの7号の動きは最高ですたw
・音楽が良いし、音楽の使い方が巧い。釣りの時のBGMって魔王の城‐咆哮ーのドラムパートだけってやつかな?パートで分けると全然印象が違うのをうまく組み合わせてるんですね。

【ちょっと不満な点】
・月光草が・・・。めんどい。せめて情報をクエストでもうちょっとフォローして欲しかった。
・サウンドノベルで誤字って残念すぎる・・・。しかも周回イベントで何回も見るところなのに。
・ワードの編集がどうもやりづらい。ショートカットキーの配分とか凄く良くできてるのに、ワードの編集だけとても不便な気がする。
・北平原を走ってたら一回フリーズした。何の前触れもなく。プレイ中のフリーズはその一回だけ。

あーどうしようかな・・・。あっ、そうかゲシュタルトでDエンドまで突っ走ればいいんだ!
我ながら名案な気がする。しかもこの流れなら、父ニーアからカイネへの最後の台詞はきっと「ヨナのお母さんになってくれないか」だ。ああ、きっとそうに違いない。違いない。
| NieR | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Aエンディング見ました
 しかし何だろうこの終わってない感…w
ためらいもなくクリアデータをロードしてBエンディング目指してスタートし始めた私。これ、何も条件なしにBエンドに行くんかしら?クエスト消化率が79%ってすんごい中途半端な数字なんだけどこれどうしようかな・・・。
しかし今までの話を総合するとあれなんだよな…Dエンドのオチって…うーん…。

【アクション】
・槍のダッシュ突きが半端なく強い!ズガーンと敵を吹っ飛ばして一掃する爽快感が凄い。
・まぁ、マモノ相手だと後半イタタなことになるけど…
・ボスに黒の槍が効果的すぎるぐらいに有効。素早くて追いかけまわせない敵はほぼこれで戦ってる。
・あとね、敵が大量に出たときはところかまわずダッシュ突きをしまくる。するといつのまにか当たってる。イノシシと同じだね兄さんw
・一回だけ素で敵と間違えて7号さんを狙ってました。すみませんすみません(汗)道理で当たらないはずでしたすみません。

【その他】
・青年期になって槍と大剣の扱いは覚えたのに、泳ぎは覚えなかったお兄ちゃんw まぁ重そうな服着てるからってことで許してやろうかねw
・そして相変わらず着地がヘタ。「くそっ」とか言うしw
・クエストの内容は後半になっても結構前向きなのが多かった気がする。素材集めが結構面倒なのでなかなか終わらないけど。
・スタッフロールがアルファベット順でした。なんと潔い。
・シロの台詞で一個読めない漢字があったな、調べなきゃと思いつつメモとるの忘れたよw

【ちょっと不満な点】
・クエストクリアした時のファンファーレがBGMと重なるのが辛い。そこだけBGMミュートにするとかして欲しかった。
・声優さんがちゃんとセリフ入れてるところで字幕に(笑)はちょっとなぁ・・・。

ウム、とりあえず続きをやってきます。このゲームの何がけしからんって色々気になって頭から離れてくれないことだよ!やめられないよ、ああもう!
| NieR | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark